夏に上手に合わせたいカラーその1~イエロー~

少しずつ暑い時間帯が増えてきた今日このごろ。
そろそろ夏物の準備を…と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏物アイテムは1点物が多くなりがちですが、上手に差し色をファッションに取り入れることでよりおしゃれに決めていきましょう。

そこで今回は差し色にぴったりのカラーをご紹介します。
そのカラーとはイエローです。

インナーとしての場合は、濃い目のイエローはより爽やかさを、薄地のイエローはおしゃれさを演出してくれます。

カラータンクトップもあるため、男性でも女性でも手軽にコーデに取り入れることができます。

インナーとして取り入れる場合、シャツ等の羽織るものとの組合せが重要になります。

実はこのイエローは結構どんな色にでも合うのです。

イエローの合うカラーとしてはグリーンを想像する方が多いのではないでしょうか。

しかし、グリーンだけでなく、ホワイト、レッド、ブルーにもフィットするスペシャルカラーなのです。

インナーのイエローは肌の色ともマッチしてとってもおしゃれを演出してくれます。
肌の白い方でも、小麦色に焼けた方でもイエローがきれいに映えるためとても合わせやすいカラーと言えます。

シャツのイエローもとてもおしゃれを演出しやすいアイテムです。

イエローと聞くと派手な印象を持たれる方もいらっしゃいますが、クリームがかったイエローや、少し落ち着いた深みのあるイエローは夏のアウターカラーにもぴったりです。

なによりデニムの藍色との相性は抜群!
上下のコントラストで上手にコーディネートできるため、とっても便利です。

また、淡色だけで選んでもなかなかしっくり来ないと思うので、他の色とのコントラストが美しいアイテムを選ぶといいでしょう。

上記のカラー以外にもパープルやピンクとも相性がとてもいいです。

ボトムスとインナー、もしくはアウター、また、小物等とのカラーバリエーションを考えた上でコーディネートするようにしましょう。

とは言っても、春や冬ほどイエローというカラーを意識する必要はありません。
それは、夏はとても暑いですから爽やかなカラーがとても人気だからです。
水色やホワイトはもちろん、爽やかさを印象づけるイエローも夏の定番カラーなのです。

夏に上手に合わせたいの題名通り、イエローはインナー、アウターだけで活躍するカラーではありません。

小物にもぴったりなカラーなのです。

バックにイエローのラインが入っているものをチョイスしたり、女性であればカチューシャやシュシュをイエローにしてみたり、男性であれば靴下にイエローをチョイスしてもいいかもしれません。

ファッションの視界に入る部分にイエローをワンポイントで置くだけでとっても夏らしいおしゃれな仕上がりになるのです。

淡色や暖色系が多くなりがちなファッションですが、だからこそ、一本の鮮やかなラインであったり、1アイテムのワンポイントカラーが周囲の目を引きつける効果があるのです。

イエローなんて持っていない、イエローなんて来たことがない、もしくは着る勇気がないと思っている方がいらっしゃったら、それはチャンスでもあります。

この夏に新しいコーディネートを開拓するためにも、ぜひ挑戦してみてください。

イエローを着こなすという中で様々なアイテムを探したり、組合せを考えてみたり、場合によってはこれまで自分のしたことがないファッションに挑戦したり…。

頭の中でコーディネートを広げて考えることで、思いもよらない納得のいくコーディネートができるかもしれません。

もちろん、イエロー以外にも夏に合わせやすいカラーもありますが、イエローを上手に使いこなすことであなたのオシャレ度はぐっと高くなります。

ぜひ挑戦して納得のいくコーディネートを実現してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です