夏に上手に合わせたいカラーその2~パープル~

夏にコーディネートしやすいカラーはホワイト、スカイブルー、イエローなど淡いカラーがおしゃれなファッションカラーとして定番です。

日本の夏は蒸し暑いので、これらの爽やかな印象を与えるカラーがとても人気です。
また、対極の濃いめのカラーとしてはネイビーやブラックが人気です。
これらのカラーを身につけるときにはコントラスト効果を意識して、淡いカラーのパンツに、濃い色のトップスを組合せておしゃれを演出する方も多いです。

そんな中でよりおしゃれにコーディネートを決めるために上手に使いたいカラーがパープルです。

パープルは高貴な色として昔から根強い人気がありますが、コーディネートが難しいカラーでもあります。
しかし、上手に取り入れることでファッション全体を大人っぽく落ち着いたおしゃれを演出することに一役買ってくれるカラーでもあるのです。

パープルの種類にも様々なものがあります。
濃い目のパープルを身につけるときには、淡いカラーのパンツがマストアイテムです。
コーディネート全体の主となるようにトップスにパープルを持ってくるようにしましょう。
このコーディネートをするときにはコントラスト効果を狙ったファッションにする必要があるため、ボトムス、シューズを濃い目のカラーにすると重くなってしまうため、対極の淡いカラーを上手に使っていくようにしましょう。

薄めのパープルを身につける場合は、コーディネートの幅が非常に広がります。
ピンクに近いような淡いパープルは落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
アクセサリー、ボトムス、シューズ、ソックス、小物と他のアイテムに濃い色を取り入れることができるため、1着でファッションのバリエーションがとても増えます。

アウターにシャツをチョイスして合わせることもできるため、自然と爽やかな印象を与えるコーディネートに仕上げやすいカラーであると言えます。

また、ワンポイントカラーとして使っても非常に有効的なカラーであると言えます。
シューズのラインにこの色を用いるだけで、ファッション全体が引き締まり、周囲の人におしゃれな印象を与えます。

バッグに用いるときは淡色よりもワンポイントのラインやカラーが入っているアイテムを使うようにしましょう。
どうしても濃いパープルのバッグは重く映りがちなので夏ファッションでは注意が必要です。
アクセサリー系もパープルはとってもおしゃれで、他のコーディネートを淡色系でまとめると、アクセサリーのパープルがワンポイントになるため、非常に効果的です。
天然石だとアメジストのカラーはファッション全体の引き締め効果があるため、とてもいいです。
夏のアイテムだとターコイズが人気ですが、アメジストでも十分に落ち着いた大人のおしゃれを演出できます。

ハーフパンツやスカートを身につけるときはソックスのワンポイントカラーに用いるのも手です。
ロールアップで足元をスッキリ見せつつ、パープルのラインでコーディネートにワンカラー追加するのもとても効果的です。

髪色をパープルにするとヴィジュアル系になってしまうため、必然的にアイテムに取り入れる必要があるパープル。
トップスに用いると上半身の引き締めに、その他の小物に取り入れるとファッション全体のアクセント効果を演出することができます。

夏=淡いカラーの定番にとらわれずに上手にコーディネートにとりれることで効果を発揮するパープル。
濃い色と薄い色の2色を上手に取り入れて、あなたの夏ファッションのアクセントにしていきましょう。

ワンカラーで豊富なバリエーションを可能にし、他の淡色系のアイテムとも相性バツグンなので、とっても合わせやすい人気カラーですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です