夏に上手に合わせたいカラーその4~ホワイト~

夏コーデの最強の味方となるカラー。
それはホワイトです!

ホワイトはオールシーズン使える色なので、アイテムの種類も豊富で集めておいて損のないスペシャルカラーであると言えます。

中でも夏のホワイトは非常に人気が高いです。
夏は非常に暑いので、ホワイトの清々しいカラーリングや爽やかな印象は見ている人にとっても、着ている人にとってもとてもいいのです。

また、清廉潔白という言葉がある通り、ホワイトは非常に清楚なイメージを与えてくれます。
ばっちりと決めたコーディネートの中にホワイトがきれいに映えているとそれだけで相手に好印象を与えることができるのです。

そんなホワイトの夏コーデへの使い方は冒頭にもありますが、非常に種類が豊富なので、ホワイトを中心にコーディネートを考えていくといいでしょう。

まずはトップス。
トップスには大きく2つの使い方があり、メインカラーとして使う場合はサブカラーとして用いる場合です。

メインとして使う場合はTシャツやシャツなのでホワイト地のものを選びましょう。
このとき、ボトムスはデニム系が非常に相性がいいです。
デニムの藍色と擦れで生まれる絶妙なホワイトがトップするのホワイトと非常に相性がいいのです。

サブカラーとして使う場合は濃い色を基調としてアイテムを身につけるといいです。
例えば、ブラック。
夏のブラックは非常に重く映ってしまいますし、日差しを吸収するカラーとして夏ファッションに取り入れることが非常に難しいカラーです。
しかし、ブラックを基調にしたトップスにホワイトのラインが入っていたり、ホワイトでデザインが施されていたらどうでしょう。

コントラスト効果が生まれ、非常におしゃれでシックにキメることができますし、デザインによってはロック調を演出することができます。
オリジナルTシャツ プリントなどで作ってみるのも良いでしょう。

ポイントは視線をどこに集めるかで、ブラックに書かれたホワイトは非常に映えます。
そしてこのスタイルはオールシーズンで使えるものなので非常に有効的なファッションスタイルであると言えます。

次にボトムス。
下にホワイトを持ってくることでトップスや小物のカラーコーディネートの種類が非常に増えます。
ホワイトはどの色とも調和するカラーなのでまさに選びたい放題(笑)。

暑く映りすぎず、爽やかな印象を与えるようなカラーをチョイスしてコーディネートを完成させていきましょう。

そして、靴。
ホワイトのシューズはとても好印象を与えることができるアイテムです。
「おしゃれは足元から」
という言葉があるように、足元がバッチリ決まっているとそれだけでコーディネートが引き締められ、スマートに見せることができるのです。

最後に小物として用いる方法もあります。
ペルトをホワイトのものにしてみたり、アクセサリーのワンポイントにしてみたり、ブレスレッドとして取り付けてみたり。
最近ではレザーでもホワイトを基調にしたアイテムが多く出ているため、とてもおしゃれに夏を彩ってくれることでしょう。

夏に人気のターコイズとも相性は抜群にいいです。

オールシーズンカラーとして定番のホワイトは、夏にも上手に合わせたいカラーの1つです。
特に昼と夜の気温差が激しい場合にはシャツやカーディガンとしても用いるのも1つの手です。

寒くなったら羽織り、暑くなったら腰巻きしたり肩にかけたりすることでファッションを変化させることができるため、とても効果的におしゃれを演出できるカラーであると言えます。

多くの人が身につけるカラーであるからこそ、自分だけのオリジナルのコーディネートを。

夏も大活躍するカラー「ホワイト」を上手にコーディネートに取り入れて、夏コーデに爽やかさと清々しさをプラスしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です