夏に上手に合わせたいカラーその5~ブラック・ネイビー~

夏に上手に合わせたいカラーをいくつかご紹介してきましたが、最後にとっておきの夏カラーをご紹介します。

そのカラーがブラック&ネイビーです!

夏に重く映りがちなブラックとネイビーですが、この2色に求める効果はズバリ、引き締め効果です!

ホワイトやピンク等の淡い色が多くなりがちな夏ファッション。
淡色系は爽やかに見せることができる反面、膨張色でもあるため、とても太く見える傾向にあります。

そこで上手にブラックやネイビーを組み合わせることで、ファッションのラインにメリハリを持たせて、スマートに美しいラインを演出するようにしていきましょう。

ブラックはイメージ通りコーディネート全体を引き締めてくれる効果があるため、トップスかボトムスのどちらか片方に取り入れるようにしましょう。

いくら引き締め効果があると言ってもブラックのトータルコーディネートは夏ファッションとしては重たすぎますよね(笑)。

トップスに取り入れるときはデザインに他色を用いているアイテムをチョイスするようにしましょう。

例えば、ブラックに相性のいいカラーはピンク、ホワイト、イエローがあります。
この3色は非常にブラックに映えるため、これらのカラーを用いているアイテムは夏コーデとして非常に有能なアイテムであると言えます。

一方、レッドやブルー、グリーンもブラックと合わせやすいカラーではありますが、これらのカラーは地味に映ってしまったり、逆に重く映りすぎてしまうカラーなので、ブラックとは合わせないようにしましょう。

どうしても取り入れたい場合は、離れたところで使うようにしていきましょう。

ブラックは1点物として取り入れると非常に重くなってしまうため、重く見せないために上手に他のカラーを使ってトータルコーディネートでカラーリングしていくようにしましょう。

シャツを切る場合は、インナーにブラックをチョイスすると非常にいいです。
羽織るシャツや一番外に着るポロシャツの下にブラックがある状態を作るとコーディネート全体に引き締まりが生まれます。

コントラスト効果も生まれるため、非常に効果的な重ね着ファッションであると言えます。
このような着合わせ方をする場合に活躍するアイテムがタンクトップです。
ブラックのタンクトップは汎用性が抜群なので、積極的に取り入れていきましょう。

ネイビーも基本的にはブラックと同じ使い方でいいです。
諸説ありますが、ブラックよりもネイビーの方が引き締まってみせる効果が高いという実験結果もありますので、夏の膨張を防ぐカラーとして取り入れていきたいカラーです。

また、この2色はアクセサリーとしても取り入れることが出来るカラーなので、トータルコーディネートを意識して積極的に使っていきましょう。

ブラックストーンは男女問わず非常に人気が高いアイテムなので、淡色系のコーディネートの中にワンポイントカラーとして使ったり、アイポイント作りとして使って視線を集中させていきたいですね。

また、ソックスとして使う方法もあり、スニーカーと合わせてさり気なくコーディネートの中にプラスすることで淡色の中にはっきりと映すこともできるため、さりげないおしゃれを楽しみたい方に取っても非常に面白いカラーであると言えます。

夏=淡色のイメージを払拭し、あえて重いカラーをファッションの中に取り入れる。

一般の方がしないファッションカラーを上手に取り入れることであなただけのオリジナルのコーディネートが完成するのです。

あくまでさり気なく。
しかし、インパクトを残すように。

無数になる組み合わせの中から、夏に敬遠されがちなこの2色を上手に組み合わせるコーディネートを生み出すことができれば、周囲から「おしゃれ」と認知されることでしょう。

夏に上手に合わせたいカラーその4~ホワイト~

夏コーデの最強の味方となるカラー。
それはホワイトです!

ホワイトはオールシーズン使える色なので、アイテムの種類も豊富で集めておいて損のないスペシャルカラーであると言えます。

中でも夏のホワイトは非常に人気が高いです。
夏は非常に暑いので、ホワイトの清々しいカラーリングや爽やかな印象は見ている人にとっても、着ている人にとってもとてもいいのです。

また、清廉潔白という言葉がある通り、ホワイトは非常に清楚なイメージを与えてくれます。
ばっちりと決めたコーディネートの中にホワイトがきれいに映えているとそれだけで相手に好印象を与えることができるのです。

そんなホワイトの夏コーデへの使い方は冒頭にもありますが、非常に種類が豊富なので、ホワイトを中心にコーディネートを考えていくといいでしょう。

まずはトップス。
トップスには大きく2つの使い方があり、メインカラーとして使う場合はサブカラーとして用いる場合です。

メインとして使う場合はTシャツやシャツなのでホワイト地のものを選びましょう。
このとき、ボトムスはデニム系が非常に相性がいいです。
デニムの藍色と擦れで生まれる絶妙なホワイトがトップするのホワイトと非常に相性がいいのです。

サブカラーとして使う場合は濃い色を基調としてアイテムを身につけるといいです。
例えば、ブラック。
夏のブラックは非常に重く映ってしまいますし、日差しを吸収するカラーとして夏ファッションに取り入れることが非常に難しいカラーです。
しかし、ブラックを基調にしたトップスにホワイトのラインが入っていたり、ホワイトでデザインが施されていたらどうでしょう。

コントラスト効果が生まれ、非常におしゃれでシックにキメることができますし、デザインによってはロック調を演出することができます。
オリジナルTシャツ プリントなどで作ってみるのも良いでしょう。

ポイントは視線をどこに集めるかで、ブラックに書かれたホワイトは非常に映えます。
そしてこのスタイルはオールシーズンで使えるものなので非常に有効的なファッションスタイルであると言えます。

次にボトムス。
下にホワイトを持ってくることでトップスや小物のカラーコーディネートの種類が非常に増えます。
ホワイトはどの色とも調和するカラーなのでまさに選びたい放題(笑)。

暑く映りすぎず、爽やかな印象を与えるようなカラーをチョイスしてコーディネートを完成させていきましょう。

そして、靴。
ホワイトのシューズはとても好印象を与えることができるアイテムです。
「おしゃれは足元から」
という言葉があるように、足元がバッチリ決まっているとそれだけでコーディネートが引き締められ、スマートに見せることができるのです。

最後に小物として用いる方法もあります。
ペルトをホワイトのものにしてみたり、アクセサリーのワンポイントにしてみたり、ブレスレッドとして取り付けてみたり。
最近ではレザーでもホワイトを基調にしたアイテムが多く出ているため、とてもおしゃれに夏を彩ってくれることでしょう。

夏に人気のターコイズとも相性は抜群にいいです。

オールシーズンカラーとして定番のホワイトは、夏にも上手に合わせたいカラーの1つです。
特に昼と夜の気温差が激しい場合にはシャツやカーディガンとしても用いるのも1つの手です。

寒くなったら羽織り、暑くなったら腰巻きしたり肩にかけたりすることでファッションを変化させることができるため、とても効果的におしゃれを演出できるカラーであると言えます。

多くの人が身につけるカラーであるからこそ、自分だけのオリジナルのコーディネートを。

夏も大活躍するカラー「ホワイト」を上手にコーディネートに取り入れて、夏コーデに爽やかさと清々しさをプラスしていきましょう!

夏に上手に合わせたいカラーその3~ピンク~

夏に上手に合わせたいカラーの3つ目はピンクです。
ピンクは男女共に非常に人気のあるカラーで特に春先のファッションに多く用いられています。

一昔前まではピンク=女性というイメージがありましたが、今では男性ファッションの鮮やかなカラーとしてとても人気のあるカラーでもあります。

ピンクを上手に着こなせる男性はとてもおしゃれに映ります。
特に若い年代の方は、ピンクを敬遠せず、コーディネートとして取り入れてみましょう。

春のファッションでは淡いピンクが非常にコーディネートしやすい傾向にありますが、夏場はどんなピンクでもコーディネートに非常に向いています。

春同様、爽やかな印象を与える淡いピンク、派手に映りやすいショッキングピンク、柔らかな印象を与える通常のピンクなど一言でピンクと言っても様々なピンクがあります。

これらを上手にコーディネートに取り入れて夏のファッションを確立していくのです。

夏ファッションの基本は同系色か対極のカラーリングです。

特に淡い色は非常に合わせやすいですし、派手さも強く感じさせないカラーなので、ピンクに少しでも抵抗がある方は淡いピンクからチョイスするようにしましょう。

淡いピンクのトップスには同系色の淡いデニムがぴったりフィットします。
ハーフパンツと組み合わせることでより夏らしい清々しさを演出することができます。

また、淡いピンクのトップスに濃いデニムや綿などのボトムスを合わせるとコントラスト効果を演出できるため、とってもクールなコーディネートに見せることができます。

この同系色と対極のカラーバランスを意識することが夏ファッションには非常に効果的です。

ただし、濃い色同士の組合せはタブーです。
夏はただでさえ暑いので、濃い色同士を組み合わせるととても重く、暑く相手に映ってしまうのです。
これにプラスしてミディアムヘアーの場合は最悪に近い組合せになります。

夏のファッションは「清々しく、爽やかに」がとても大切なのでカラーコーディネートでマイナス要素を持たせないようにしましょう。

ここまで淡色のお話をしてきましたが、ピンクを差し色として用いたファッションスタイルも夏に非常に効果的です。

ピンクはどのカラーとも相性が非常にいいため、デザインとして軽く入っているだけでもとてもおしゃれを演出できるカラーです。

例えば、ホワイトにピンクの文字が入っているTシャツであったり、ブラックのトップスを身に着けたときに、足元にピンクの靴紐をあわせてみたりとほとんどの色とマッチするコーディネートしやすいカラーでもあるのです。

加えて同性、異性に対してとても爽やかでおしゃれな印象を与えるカラーなので、使わない手はありません。

女性がピンクを身につけるとそれだけで女性らしく見えたり、可愛らしく見えたりするカラーなので、メンズファッションにも積極的に取り入れていきましょう。

最近ではピンク色が施された小物も非常に増えてきています。
ベルトであったり、バックルであったり、靴のラインであったり、トップスのデザインであったり。
キャップでもピンク色のものが多く販売されるようになってきています。

様々なカラーがある中で、ピンクをコーディネートに上手に取り入れてかっこかわいくコーディネートをまとめていくと、周囲から「おしゃれ」という認知度が上がっていくことでしょう。

どうしてもアイテムのメインカラーとして使いにくい場合は、リメイクでピンクを用いることも1つの手です。

布を当ててみたり、ペイントするだけならそこまで目立たないので。

夏コーデに相性抜群のカラー、ピンク。

ぜひ、この夏のコーディネートに取り入れてファッションを楽しんでください!

夏に上手に合わせたいカラーその2~パープル~

夏にコーディネートしやすいカラーはホワイト、スカイブルー、イエローなど淡いカラーがおしゃれなファッションカラーとして定番です。

日本の夏は蒸し暑いので、これらの爽やかな印象を与えるカラーがとても人気です。
また、対極の濃いめのカラーとしてはネイビーやブラックが人気です。
これらのカラーを身につけるときにはコントラスト効果を意識して、淡いカラーのパンツに、濃い色のトップスを組合せておしゃれを演出する方も多いです。

そんな中でよりおしゃれにコーディネートを決めるために上手に使いたいカラーがパープルです。

パープルは高貴な色として昔から根強い人気がありますが、コーディネートが難しいカラーでもあります。
しかし、上手に取り入れることでファッション全体を大人っぽく落ち着いたおしゃれを演出することに一役買ってくれるカラーでもあるのです。

パープルの種類にも様々なものがあります。
濃い目のパープルを身につけるときには、淡いカラーのパンツがマストアイテムです。
コーディネート全体の主となるようにトップスにパープルを持ってくるようにしましょう。
このコーディネートをするときにはコントラスト効果を狙ったファッションにする必要があるため、ボトムス、シューズを濃い目のカラーにすると重くなってしまうため、対極の淡いカラーを上手に使っていくようにしましょう。

薄めのパープルを身につける場合は、コーディネートの幅が非常に広がります。
ピンクに近いような淡いパープルは落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
アクセサリー、ボトムス、シューズ、ソックス、小物と他のアイテムに濃い色を取り入れることができるため、1着でファッションのバリエーションがとても増えます。

アウターにシャツをチョイスして合わせることもできるため、自然と爽やかな印象を与えるコーディネートに仕上げやすいカラーであると言えます。

また、ワンポイントカラーとして使っても非常に有効的なカラーであると言えます。
シューズのラインにこの色を用いるだけで、ファッション全体が引き締まり、周囲の人におしゃれな印象を与えます。

バッグに用いるときは淡色よりもワンポイントのラインやカラーが入っているアイテムを使うようにしましょう。
どうしても濃いパープルのバッグは重く映りがちなので夏ファッションでは注意が必要です。
アクセサリー系もパープルはとってもおしゃれで、他のコーディネートを淡色系でまとめると、アクセサリーのパープルがワンポイントになるため、非常に効果的です。
天然石だとアメジストのカラーはファッション全体の引き締め効果があるため、とてもいいです。
夏のアイテムだとターコイズが人気ですが、アメジストでも十分に落ち着いた大人のおしゃれを演出できます。

ハーフパンツやスカートを身につけるときはソックスのワンポイントカラーに用いるのも手です。
ロールアップで足元をスッキリ見せつつ、パープルのラインでコーディネートにワンカラー追加するのもとても効果的です。

髪色をパープルにするとヴィジュアル系になってしまうため、必然的にアイテムに取り入れる必要があるパープル。
トップスに用いると上半身の引き締めに、その他の小物に取り入れるとファッション全体のアクセント効果を演出することができます。

夏=淡いカラーの定番にとらわれずに上手にコーディネートにとりれることで効果を発揮するパープル。
濃い色と薄い色の2色を上手に取り入れて、あなたの夏ファッションのアクセントにしていきましょう。

ワンカラーで豊富なバリエーションを可能にし、他の淡色系のアイテムとも相性バツグンなので、とっても合わせやすい人気カラーですよ。

夏に上手に合わせたいカラーその1~イエロー~

少しずつ暑い時間帯が増えてきた今日このごろ。
そろそろ夏物の準備を…と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

夏物アイテムは1点物が多くなりがちですが、上手に差し色をファッションに取り入れることでよりおしゃれに決めていきましょう。

そこで今回は差し色にぴったりのカラーをご紹介します。
そのカラーとはイエローです。

インナーとしての場合は、濃い目のイエローはより爽やかさを、薄地のイエローはおしゃれさを演出してくれます。

カラータンクトップもあるため、男性でも女性でも手軽にコーデに取り入れることができます。

インナーとして取り入れる場合、シャツ等の羽織るものとの組合せが重要になります。

実はこのイエローは結構どんな色にでも合うのです。

イエローの合うカラーとしてはグリーンを想像する方が多いのではないでしょうか。

しかし、グリーンだけでなく、ホワイト、レッド、ブルーにもフィットするスペシャルカラーなのです。

インナーのイエローは肌の色ともマッチしてとってもおしゃれを演出してくれます。
肌の白い方でも、小麦色に焼けた方でもイエローがきれいに映えるためとても合わせやすいカラーと言えます。

シャツのイエローもとてもおしゃれを演出しやすいアイテムです。

イエローと聞くと派手な印象を持たれる方もいらっしゃいますが、クリームがかったイエローや、少し落ち着いた深みのあるイエローは夏のアウターカラーにもぴったりです。

なによりデニムの藍色との相性は抜群!
上下のコントラストで上手にコーディネートできるため、とっても便利です。

また、淡色だけで選んでもなかなかしっくり来ないと思うので、他の色とのコントラストが美しいアイテムを選ぶといいでしょう。

上記のカラー以外にもパープルやピンクとも相性がとてもいいです。

ボトムスとインナー、もしくはアウター、また、小物等とのカラーバリエーションを考えた上でコーディネートするようにしましょう。

とは言っても、春や冬ほどイエローというカラーを意識する必要はありません。
それは、夏はとても暑いですから爽やかなカラーがとても人気だからです。
水色やホワイトはもちろん、爽やかさを印象づけるイエローも夏の定番カラーなのです。

夏に上手に合わせたいの題名通り、イエローはインナー、アウターだけで活躍するカラーではありません。

小物にもぴったりなカラーなのです。

バックにイエローのラインが入っているものをチョイスしたり、女性であればカチューシャやシュシュをイエローにしてみたり、男性であれば靴下にイエローをチョイスしてもいいかもしれません。

ファッションの視界に入る部分にイエローをワンポイントで置くだけでとっても夏らしいおしゃれな仕上がりになるのです。

淡色や暖色系が多くなりがちなファッションですが、だからこそ、一本の鮮やかなラインであったり、1アイテムのワンポイントカラーが周囲の目を引きつける効果があるのです。

イエローなんて持っていない、イエローなんて来たことがない、もしくは着る勇気がないと思っている方がいらっしゃったら、それはチャンスでもあります。

この夏に新しいコーディネートを開拓するためにも、ぜひ挑戦してみてください。

イエローを着こなすという中で様々なアイテムを探したり、組合せを考えてみたり、場合によってはこれまで自分のしたことがないファッションに挑戦したり…。

頭の中でコーディネートを広げて考えることで、思いもよらない納得のいくコーディネートができるかもしれません。

もちろん、イエロー以外にも夏に合わせやすいカラーもありますが、イエローを上手に使いこなすことであなたのオシャレ度はぐっと高くなります。

ぜひ挑戦して納得のいくコーディネートを実現してくださいね。